A-2 Rough Wear 27752 100th Bomb. Grp. 'Chapel in the Flak'
  • A-2 Rough Wear 27752 100th Bomb. Grp. 'Chapel in the Flak'

    *表示金額はクレジットカードご利用手数料を加算した金額を掲載しております。
    また、送料が発生する場合「送料着払い」にて発送とさせて戴きます。

    *銀行振り込みの場合、558800円となります。
    当社からご注文確認メールを送信いたしますので、それまで振り込みをなさらない様お願い致します。

    生産はすべて自社工房でオーダーをいただいてから行うため、正式なオーダー後のキャンセルはお受けできません。
    クオリティー、再現度には絶対の自信を持ってお届けします.

    マテリアル:ホースハイド
    カラー    :シールブラウン(セミアニリン仕上げ)
    ライニング :コットン
    ニットリブ  :チェルシーブラウン
    ジッパー  :M-42タロン
    タンニング :ベジタブル

    *PCの環境、撮影状態により、現物と色が違って見える可能性が御座います。

    • 100th Bomb. Grp. 'Chapel in the Flak'

      ヨーロッパ戦線において、第8空軍を代表する爆撃機グループの一つであった100th Bombardment Group。グループに"The Bloody Hundredth" というニックネームがつくほど被害が大きかったが、過酷なミッションを306回も遂行した。その中の飛行隊の一つ、第418飛行隊内に "Chapel in the Flak"と名付けられたB-17爆撃機があり、そのエアクルー達は、生き残った爆撃ミッションの回数をA-2の背に爆弾マークで描いた。The 100th Bomb Group Foundation Inc.のライセンスを取得し再現された。A-2完全復刻版です。

    • "TimeWorn"加工とは

      納入する多くの映画会社よりの要望から、EASTMAN社が独自に開発した"TimeWorn"加工は、一切の化学薬品、サンドの吹きつけ等によらない1着毎に手作業で仕上げた自然な『着古し加工』です。

    • セミアニリン仕上げとは

      鞣し工程で仕上げ色に近い染料で革染め後ピグメント(顔料)で仕上げる、大戦時のA-2において最も多く見られる革仕上げ。

    • 在庫・納期について

      ご注文後、納品迄に約5~8ヶ月、EM社の受注制作状況によっては、それ以上かかる場合もありえます。これは、EM社が制作に関し“一切外注に出さず自社の熟練職人のみで作り上げる”という頑固な迄の制作ポリシィを守り、その事がEM社作品の完成度を見事な迄に高めているのですが、同時に制作数量の限定、納品期間の長期化につながっているのが現状です。当社におきましても、そのような状況を考慮し、可能な限り速やかな納品体制を確立することに勤めております。

    ¥578,960価格
    在庫なし